アジアキャットクラブ(ACC)ではこれまでマンチカンはドメスティックキャットとの交配は禁止とされていました。

しかし、現在マンチカンの短足同士の交配において胸浅や背骨の湾曲など奇形が出やすい事などの問題があり、国内では一般的に短足同士の交配は禁止となっています(国内独自ルールとなります)。

マンチカンとドメスティックキャットとの交配は遺伝子プールの拡張により奇形発生の減少に寄与し、マンチカンのスタンダード(細身のドメスティックボディー)に近づける上でも効果的であると考えられます。

これらの理由により、2021年11月1日以降の申請分よりアジアキャットクラブ(ACC)へのマンチカンの一胎子申請においてマンチカンとドメスティックキャットの交配が許可されることとなりました。

なお、この交配に使用するドメスティックキャットについては遺伝子拡張登録を行う必要がありますのでご注意ください。